社会福祉法人 眉丈会

一般事業主行動計画 (女性の職業生活における活躍の場の推進に関する法律)

女性が職業生活において、十分な能力を発揮し活躍できるよう、働きやすい環境を
整備するための行動計画を策定する。

計画期間

平成28年4月1日から平成30年3月31日

目標と取り組み内容及び実施期間

目標1 
・組織運営の担い手となる重要な職位の女性管理職を2人以上増員する。

期間 平成28年4月~
内容女性管理職の増員(副施設長、課長等)

目標2 
・多様なキャリア形成を支援するとともに、充実した研修を開催し、女性管理職のマネジメント能力の向上を目指す。

期間 平成28年4月~
内容専門家による女性管理職向け研修会への積極的な参加

目標3 
・職員の定年を60歳から65歳へ引き上げ、さらに活躍の場を拡大する。
・メンタルヘルス支援を強化し、職員の心の健康と予防に務める。

期間 平成28年4月~
内容 定年60歳から65歳への引き上げ / メンタルヘルス支援の強化

社会福祉法人眉丈会 女性の活躍に関する状況把握・課題分析

1. 基礎項目に関する状況把握

① 採用した労働者に占める女性労働者の割合 (中途採用者含む)
対象年度:平成28年度(平成28年4月~平成29年3月)

無期雇用 正規職員91.9%、有期雇用 臨時職員(パート)100%

②管理職に占める女性労働者の割合

統括施設長0%、施設長20%、部長・副施設長・室長・課長・ホーム長・センター長・所長68.2%

2. 課題分析

 当会においては、職員全体のうち、女性職員の比率が82.2%(H28.3現在)と高く、平成28年度に採用した職員の割合も女性が84.8%を占める。このように女性職員が多い中、出産ならびに育児休暇の取得者も毎年5%程度が該当する。
その取得率については100%であり、加えて復帰後においても家庭の事情等により、申し出があった場合においては本人の希望を確認の上、勤務シフトの配慮、短時間勤務制度の活用等、仕事と家庭が両立しやすい環境づくりを行っており、出産・育児を理由とした離職者はやむを得ない事由がない限りいない。
 また管理職における男女比も、女性管理職の割合が54.1%と全体の半数以上を占める。労働者総数との比較から女性職員数が男性職員より圧倒的に多いとはいえ、女性管理職の割合が男性職員を上回り、大きな乖離も認められないと判断するが、全労働者との比較割合からは若干低い。
今後においては、さらなる経験や専門性を重視した任用を通じ、多様なキャリア形成を支援するとともに、充実したキャリアアップ研修を開催し、女性管理職のマネジメント能力の向上を目指す。
併せて、メンタルヘルス支援を強化し、職員の心の健康と予防にも努める所存である。