社会福祉法人 眉丈会

相談支援事業所 創楽

新規開設

創楽に「相談支援事業所」が開設しました。

管理者 西井 厳  平成18年の障害者自立支援法の施行に伴い、障がい者の相談支援事業が創設されました。そして、平成27年度からは障害福祉サービスを利用するすべての方に対して、相談支援専門員によるサービス等利用計画の作成が義務付けられることとなり、既に3年半が経過しました。
 当時は、相談支援専門員が絶対的に不足する状況にあって、なんとかすべての方にサービス等利用計画をお届けできるようにと、相談支援専門員の仲間や行政の方々と一緒に知恵を絞り、汗を流す日々でした。多くの方の頑張りにより、何とか数を達成することができ、当時に比べれば相談支援事業所や相談支援専門員の数は増えました。ですが、まだまだ不足しているのが現状です。加えて、この間の急激な量の拡大による相談支援の質の低下も懸念されているところです。
 こうした状況の中、相談支援専門員の仲間や行政、関係機関の方々と連携しながら、障がいのある方に信頼される「本人中心」の質の高い相談支援を目指して、大いなる覚悟をもって取り組んでいきたいと思っています。
 相談支援を通して、障害のあるなしや年齢にかかわらず、誰もが安心して、その人らしく暮らし続けていくことができる地域を創造していくことに少しでもお役に立てればと考えています。

事業概要

相談支援事業とは

障がいのある方やそのご家族、関係機関の方々から、日々の生活で困っていること、不安や悩み等の相談を相談支援専門員がお受けし、安心して生活を送ることができるようお手伝いをします。


特定相談支援・障害児相談支援

障がいのある方が福祉サービスを利用する際に必要な「サービス等利用計画」の作成を行います。障がいのある方の意思や人格を尊重し、常にご本人の立場で考え、障がいのある方が自立(自律)した生活を送ることができるよう支援します。

【サービスの内容】
  • 障害福祉サービス利用申請時の「サービス等利用計画」の作成
  • サービス支給決定後の連絡調整等
  • 作成された「サービス等利用計画」におけるサービス等の利用状況の確認、「計画」の見直し
  • その他、生活全般についての相談

地域移行支援

精神科病院や障害者支援施設等に長期間入院・入所している方など、地域での生活に移行するために重点的に支援を必要としている方に対して、住居の確保などの地域生活に移行するための相談や必要な支援を行います。入院・入所中から新しい生活の準備等の支援を行うことで、障がいのある方の地域生活へのスムーズな移行を目指します。

【サービスの内容】
  • 住居の確保その他の地域生活に移行するための活動に関する相談
  • 地域生活への移行のための外出時の同行
  • 障害福祉サービス(生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援に限る)の体験利用
  • 体験宿泊
  • 地域移行支援計画の作成

地域定着支援

単身等で生活する障がいのある方に対し、常に連絡がとれる体制を確保し、緊急に支援が必要な事態が生じた際に、緊急訪問や相談などの必要な支援を行います。地域生活が不安定な方などに、「見守り」としての支援を行うことで、安心した地域生活の維持・継続を目指します。

【サービスの内容】
  • 常時の連絡体制の確保(携帯電話等による利用者や家族との連絡体制の確保)
  • 緊急時の対応(訪問、電話等による状況把握、関係機関等の連絡調整 等)

お問い合せ

所在地 〒929-1176
石川県かほく市外日角ハ126番地2
電話 076-254-0303 (受付時間 8:30~17:00)
FAX 076-283-5353
メール souraku@bijyoukai.net