記事1 支えあいの家とは

 制度にはない自由な発想で地域の多様な生活課題に取り組むため、眉丈会は社会福祉法人の地域における公益的な取り組みの一環として、平成23年から「支えあいの家」の活動を展開。地域住民同士の支え合いを創り出すお手伝いをしています。
 現在、「支えあいの家」は、地域の互助活動を進めていく拠点として、高齢者だけでなく子供から障がい者も含め、地域の誰もが集うことのできる場所であり、そこで活動するボランティアの組織化及び地域のために活動を行っている団体の活動拠点として活用されています。

記事2
ほしばさ

 平成23年10月に羽咋市の郊外において、築百年の古民家を借り受けて改修、名称を地元に親しまれている屋号から「ほしばさ」と名付けました。開所以来、地域の高齢者の集い、語らう場として週3日オープン。現在は、毎回12〜13名の高齢者の方々が利用されています。また、開所日に合せ眉丈園の入居者の方々が出かけ、地域の高齢者と交流して過ごす「逆デイサービス」も行っています。

ほしばさの外観写真
建物外観
くつろぎスペース
くつろぎスペース
中庭
中庭
概要

毎月2〜3回は「お楽しみ企画」、音楽療法やおやつ作り、季節行事としてお花見、忘年会などタウンボランティアとして登録している地域の方々の協力のもと様々な活動が行われています。

高齢者同士のお喋りが中心
お喋りに花を咲かせます

囲碁や折り紙等を楽しむ様子も見られます。

タウンボランティアによる協力
タウンボランティアによる協力

会場設営や会食の準備等のお手伝いをします。

逆デイサービスとして活用
逆デイサービスとして活用

眉丈園のご利用者が来所し、一緒にお話などを楽しみます。

高齢者同士のお喋りが中心
お楽しみ企画

今日はクリスマス&忘年会、毎回とても好評を得ています。

お花見弁当を前に
お花見弁当を前に

皆さんで地元の桜の名所を散策しました。

夏祭りの様子
夏祭りの様子

子どもたちの参加もあり、とても賑やかに行われています。

運動会の様子
運動会の様子

参加者全員で一緒に楽しみます。

ヨーガ教室
ヨーガ教室

講師より、自宅で出来るヨーガ体操を学びます。

踊って介護予防
踊って介護予防

日本舞踊の講師を迎え、座ったままできる手踊りを楽しみます。

支えあいの家 ほしばさ (羽咋市金丸出町ル24)

交流日 毎週:月・水・金曜日(午前10時〜お昼頃まで)
お問い合わせ:おうちの里 0767-26-8822
ほしばさの地図 Googleマップで見る
記事3
じんしろ

  平成24年8月に羽咋市中心部のパセオ通りに「支えあいの家じんしろ」を開所。建物構造を活かし、和室は「集い、語らいの場」として毎週月・水・金曜日にオープン。毎回、和気あいあいの雰囲気のなかで手芸等を楽しまれています。また、団体の活動拠点として設けた会議スペースは、地域を支える活動を展開する団体の拠点として、365日使用できるようにしています。

じんしろの外観写真
建物外観
ほしばさの外観写真
和室コーナー
会議コーナー
会議コーナー
概要

集いの場は、年々利用者が増加。通常は趣味活動の場として手芸を楽しむ方が多く、作品は地域のイベントなどで展示や販売をしてます。団体使用では42団体の登録があり、お楽しみ企画等のお知らせは、毎月近隣の町会の回覧板に入れていただいています。

趣味活動
趣味活動

毎回素敵な作品が仕上がります。

元気体操
元気体操

講師より、介護予防の体操を教わります。

羽咋はつらつ体操
羽咋はつらつ体操

月2回、元気な方から足腰の弱い方まで気軽にできる体操をしています。

クッキング
クッキング

季節に合った食材を使ったクッキングは毎回人気です。

なんでも介護相談の日
なんでも介護相談の日

介護に関する相談や、福祉用具・補助食品等の展示(紹介)もあります。

羽咋市地域支えあいネットワーク
羽咋市地域支えあいネットワークの立ち上げ

地域のボランティア団体で構成されています。

支えあいの家 じんしろ (羽咋市旭町コ-105-1)

交流日 毎週:月曜日(午前10時〜お昼頃まで)
毎週:水・金曜日(午後1時〜午後3時半頃まで)
お問い合わせ:眉丈園 0767-22-5616
じんしろの地図 Googleマップで見る
記事4
いのやま

 平成28年10月、地域住民からの要望を眉丈会がバックアップする形で進められた「いのやま」が開所。これまでとは違い、空き家を改修するのでなく、飯山町会館を使用し、「集い、語らう場」という他に、一人暮らしや高齢者夫婦のみの世帯へ、訪問による見守りや安否確認、簡単な日常の生活支援等も行う予定としています。

いのやまの外観写真
建物外観
桜をイメージした暖簾
桜をイメージした暖簾
ボランティアの皆さん
ボランティアの皆さん
飯山町会長の横田さんからご挨拶。町会主体の介護予防拠点にしていきたい。 概要

 毎週木曜日の交流日には、季節に合った作品作りや、会話を楽しみます。また月1回の「お楽しみ企画」では、忘年会等の季節行事や、講師を迎えての講習会、体操や笑いヨガ等の色々な企画を楽しみます。近隣住民の方々には、タウンボランティアとして活動に協力をいただいています。

初笑い大会の様子
初笑い大会

「福笑い」や「すごろく」等、昔懐かしい遊びをたのしみました。

感染症予防啓発の劇鑑賞
劇団KKB48の介護劇

眉丈園職員による介護劇で感染症予防を啓発しました。

雛人形飾り中
雛人形お披露目

七段飾りの雛人形を飾りました。

キーホルダー制作中
季節に合った作品作り

涅槃団子を使った素敵なキーホルダーができあがりました。

高齢者同士のお喋りが中心
趣味活動

手順を確認、教えあいながら折り紙製作をしています。

高齢者同士のお喋りが中心
羽咋はつらつ体操

軽快な音楽に合わせてリズムにのって体を動かしています。

支えあいの家 いのやま (羽咋市飯山町リ1-1)

交流日 毎週:木曜日(午前9時半〜お昼頃まで)
お問い合わせ:おうちの里 0767-26-8822
いのやまの地図 Googleマップで見る
TOPへ戻る