社会福祉法人 眉丈会

介護保険

介護保険サービスの利用の流れ

1.相談

ケアマネジャーがご本人やご家族からお話をうかがいます。不安に思っていること、困っていることをお聞かせください。

2.介護保険申請

介護保険で介護サービスを利用するには、市役所に申請書と主治医の意見書を提出し、「どれだけ介護が必要か」という介護認定を受ける必要があります。

主治医の意見書/かかりつけのお医者さんに書いてもらってください。

介護センター五番丁介護センター海青介護センター眉丈園介護センターおうちの里で申請代行を無料で行います。

3.認定調査

認定調査員がご自宅を訪問し、心身の状態などについて調査します。

4.介護認定審査会による判定

介護認定審査会は保健・医療・福祉に関する専門家で構成されています。調査と主治医の意見書に基づいて、その方にどれだけ介護が必要かを検討します。

5.要介護度の決定

要介護度1・2・3・4・5、要支援、または非該当(自立)のいずれかが決定されます。

※非該当に判定されても、介護保険外のサービスが利用できる場合があります。ケアマネジャーにご相談ください。

6.介護サービス計画書(ケアプラン)の作成

「どのサービスをどれだけ利用するか」という介護サービス計画書を作ります。ケアマネジャーにご相談ください。
要介護度によって、利用できるサービスの限度額が決まっています。
ご本人やご家族の希望をお聞きし、心身の状況や生活環境などを配慮しながら、必要なサービスや支援の方法を一緒に決めていきます。

7.サービス担当者会議

利用するサービス事業所とケアマネジャーが十分な打ち合わせを行い、スムーズに総合的なサービスが行われるように調整します。

8.サービス利用

計画に基づいて、サービスを利用します。

9.サービス継続定期訪問

サービス利用を始めてから、要望や変更したいことが出てきたら、いつでもケアマネジャーに遠慮なくお話ください。状況に応じて、介護サービス計画を見直し、サービス内容を変更することができます。ケアマネジャーが定期的におうかがいし、サービスが適切に提供されているか、ご本人の心身の状態に変化はないかなどを確認し、適切な介護サービスが受けられるよう、計画の変更や調整を行います。

このページのトップへ